GoogleアシスタントからGoogleカレンダーに予定を追加 – IFTTT

注意

ここではGoogleアシスタントを使ったGoogleカレンダーの予定の作成方法とIFTTTを合わせた方法の比較をしています。IFTTTを合わせた方法だと、終日の予定と開始・終了時刻が命令した時の時間ジャストの予定が作れますが、(もしかしたら開始時刻+数値で終了時刻をズラせる方法もあるかもしれませんが未検証)今回は開始・終了時刻が命令した時の時間ジャストの予定を作ります。

やること

Googleアシスタントに話しかけて、予定のタイトルはIFTTTにて決め打ち、予定の開始・終了時刻が命令した時の時間ジャストの短い予定を作成する。

経緯

薬飲んだ時間とか、愛猫がトイレした時間とか、いちいちGoogleカレンダーにメモっておきたいんです。

しかし、Googleカレンダーに「今!この予定を追加したい」という時、わざわざカレンダーアプリ開いて時間を「今」に設定して予定を作成…って面倒で、

しばらくGoogleアシスタントから予定を追加してたんですが、

それでもGoogleアシスタントさんとのやりとりが少々面倒だったし、

予定の長さが指定した時間から「規定の長さ」になってしまうのが嫌でした。

流れ

GoogleアシスタントからGoogleカレンダーに予定を作成する方法

ルーティン機能を使ってちょっと簡単にした方法

IFTTTを使ってもっと簡単にした方法を順に紹介していきます。

Googleアシスタント→Googleカレンダー予定作成

まず、普通にルーティン機能を使わずに予定を作成してもらう方法(会話)はこんな感じです。

OK Google、予定を追加して。

予定のタイトルは何ですか。

(タイトルを述べる)

日時を教えて下さい。

この予定を保存しますか。

保存する / はい

保存しました

やりとりが面倒くせぇ〜〜〜〜!!

しかも予定の長さは、開始時刻は話しかけた時の時間だけど、そこからGoogleカレンダーで設定している「規定の長さ(新しい予定に適用される規定の長さ)」になってしまう。規定の長さの指定可能な時間は最短15分なので、最短でも15分は継続する予定になってしまう。

そこで、ルーティン機能を使って会話を少し減らそうと頑張りました。しかし予定のタイトルを述べるくだりしか省略できず、規定の長さももちろん指定できず…

仕方なくしばらくはそのルーティン機能を使った方法を利用していました。その方法が以下。

↑作成したルーティンはこんな感じ。

実際にGoogleアシスタントさんに命令していきます。

OK Google、薬飲みました

はい

実際に作られた予定がこちら↓

長さは規定の長さの15分に。それに、15分間ホーム画面に「薬飲んだ中」と表示されるのも嫌

以上、ルーティン機能を使ってもやっぱり規定の長さになるし、やりとりもまだ面倒くさいんです。

そこで、IFTTTとGoogleアシスタントを連携できることを知り、IFTTTでの方法に。IFTTTを使用すると面倒なやりとりも規定の長さ問題も回避できます!

Googleアシスタント→IFTTT→Googleカレンダー予定作成

IFTTTにて、実際にアプレットを作成します。

まずトリガーとして「Google Assistant」>「Say a simple phrase」を選び、下記を入力しました↓

これで私が、

薬飲みました / 薬飲んだ

と言ったら、Googleアシスタントさんが、

予定を追加しておきます

と、より優秀なAIっぽいことを言って勝手にGoogleカレンダーに予定を追加しておいてくれるというシンプルな会話になるはず!

次は肝心なアクションを設定します。「Google Calendar」>「Create a detailed event」を選び、下記を入力しました↓

設定項目それぞれの役割は下記。

Which calendar?イベントを追加するカレンダーをプルダウンで選択
普段のカレンダーと分けておくと見やすいです。
新規カレンダーの作成はGoogleカレンダーにて行えます。
Start timeイベント開始日時
End timeイベント終了日時
All day?終日イベントかどうか
yesにしたら終日イベントになります。
Titleイベントタイトル
Descriptionイベント説明欄
Location位置情報欄
Attendees参加者追加、必要なければ空欄で。

イベント(予定)を追加するカレンダーを選び、開始時刻と終了時刻にGoogleアシスタントに話しかけた時刻が入るパラメータ {{CreatedAt}} を設定。終日か否かは「no」で、タイトルを「薬飲んだ」にして、説明欄は一応「from IFTTT」と入力。以上でアプレット作成完了します。

実際に動かしてみます。

OK Google、薬飲みました

優秀〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!
実際作成された予定はこちら↓

予定の開始・終了時刻が命令した時の時間ジャストになってる!会話も最小限で済むので、Google Homeへの言い逃げも可能!優秀〜〜〜〜!!!(言い逃げ:Google Homeの返事を待たずに離れてしまうこと)

終わり

今回は非常に短い予定を作成しましたが、IFTTTのアクションの設定で終日イベントにもできるはずです。また開始時刻+数値で終了時刻をズラせる方法もあるかもしれません(曖昧)

IFTTTとルーティン機能を使わないでGoogleアシスタントさんにGoogleカレンダーに予定を追加してもらう方法は本当に命令が面倒だし、なんて言えば正しく拾ってくれるか探らねばならないし、返事を待つ間動けないしでストレスフルだったので、言い逃げできるくらいに省略できたので超助かります。

IFTTT Proを契約してるのでIFTTTは今後もじゃんじゃん使っていってQOL上げていこうと思います。

ADS