広告

Twitterサークル機能、検証してわかったこと

Twitterに新たに「Twitterサークル」という機能が追加されていたので、色々検証してみて、わかったことを軽くまとめました。

↓まず、Twitter公式の「Twitterサークル」解説ページはこちら。
Twitterサークルについて

要は、自分が選択したアカウントにだけ見えるツイートが投稿できる機能です。基本、Instagramの「親しい友達」機能とほぼ同じものと考えて良いと思います。

機能の使い方

機能が実装されたアカウントか確認

まず、自分のアカウントがTwitterサークル機能を有しているかを確認します。トピックモーメントニュースレター等の機能がある場所にTwitterサークルと表示されていれば、Twitterサークル機能が利用可能なアカウントです。

私の方でも、所有Twitterアカウント(約10個)のうちの1つのアカウントでしか実装されていない機能なので、まだ使えない方も多いかと思います。

追記(2022/08/31): 私の全部のアカウントにサークル機能がついたことを確認しました。

Twitterサークルへアカウントを追加

Twitterサークルを編集ウィンドウにて、Twitterサークルにアカウントを追加します。Twitterサークル向けツイートは、ここで追加されたアカウントにだけ表示されます。追加したアカウントの削除も、このウィンドウで可能です。今のところ、自分のTwitterサークルの操作は、このウィンドウ内でしかできないようです。

Twitterサークル向けにツイート

画像はweb版Twitter

ツイートする際、全員と書かれたプルダウンから、オーディエンスを選ぶことができます。ここをTwitterサークルにしてツイートすると、Twitterサークル向けのツイートになります。

ここからは、実際に機能を使用してみて、わかったことをまとめます。

サークルのアカウント追加/削除に関すること

サークルを編集しても他のアカウントには通知されない

サークルのアカウントを追加/削除する際、追加されたアカウントへ通知されることはない。なので、リストやフォローとは違って相手に気づかれる事はない。相手は、自分の放ったサークル向けツイートを見て初めて、サークルへ追加されていることに気づく。

新たに追加されたアカウントにも過去のサークル向けツイートは公開される

サークルに新たに追加されたアカウントにも、過去のサークル向けツイートは表示されてしまう。逆を言うと、サークルから追い出されたアカウントには、過去のサークル向けツイートが表示されなくなる。

フォロー外のアカウントも追加可能

自分がフォローしていないアカウント、フォローされていないアカウントも、サークルへ追加可能。フォローしていない非公開アカウントも追加可能。

サークル向けツイートに関して

サークル向けツイートへの反応もサークル限定公開

サークル向けツイートに付けられた、いいねやリプライといった反応は、サークルに追加されている他のアカウントにも普通に表示される。よって、サークルに追加されているアカウントは、サークル向けツイートへのいいねやリプライで、自分の他に追加されているアカウントを認識できる。

非公開アカウント(鍵垢)による反応は、その非公開アカウントのフォロワーかつサークルに追加されている他のアカウントにのみ表示される。

サークル向けリツイートは引用のみ可能

通常リツイートはサークル向けにできないが、引用リツイートなら可能。

サークル外のアカウントのツイートを引用リツイートする場合、そのアカウントへは通知されない。引用されたツイートの引用リツイート数にカウントはされるが、フォロー外の非公開アカウント(鍵垢)に引用リツイートされた時と同じく、引用リツイートをしたアカウントは追えない。

サークル向けツイートを普通ツイートで引用RTすると

サークル向けツイートを普通のツイートで引用リツイートすると、サークル外の人にはその引用元ツイートは「引用ツイートは利用できません」と表示され、元ツイートが削除された時と同じ表示になる。

サークル向けのメディア付きツイートも可能

サークル向けのメディア付きツイートも可能で、アカウントのメディアタブに表示される画像や動画も、サークル向けツイートに添付されていたものなら、サークル外のアカウントには表示されない。

ツイート検索でもサークル外からは表示されない

サークル外のアカウントには、ツイート検索機能でも、サークル向けツイートは検索結果として表示されない。

サークル外からもツイート数の増加は見える

サークル向けツイートでも、アカウントのツイート数は普通に増加する。そして、サークル外のアカウントからも、アカウントのツイート数の増加は確認できるため、サークル外のアカウントが、自分がサークルへ追加されているか否かを推測する事は可能と言える。

サードパーティーのクライアントでもツイートは取得できる

いくつかのサードパーティーのクライアントでも、一応サークル向けツイートが正常に表示/非表示されていることは確認できたが、公式クライアントのような注意書きはもちろん無いし、全てのクライアントで表示される保証はない。

また、Twilog等の外部サービスを連携許可しているアカウントの場合、サービスへ全ツイートのデータが渡ってしまうため、サークル向けツイートがサークル外のアカウントにも表示されてしまうケースがある。外部サービスの連携には注意が必要だ。

Twitterの設定>セキュリティとアカウントアクセス>アプリとセッション>連携しているアプリから、定期的に連携中の外部サービスを確認すべし。

サイトに埋め込まれたTwitterの内容にも反映される

ログイン中のTwitterアカウントがサークルに追加されたアカウントなら、サイトに埋め込まれたTwitterウィジェット等の中身の、サークル向けツイートが表示される。フォロー中の非公開アカウント(鍵垢)のツイートも表示される。

最後に

人によって多少デメリットはある機能なのかもしれませんが、Instagramの「親しい友達」機能に慣れた方にとっては使いやすい機能かもしれません。また、普通に非公開アカウント(鍵垢)を運用するより便利!と感じる人も居そうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました